>  > あのムチムチ感が良かったんです

あのムチムチ感が良かったんです

太っている訳じゃないんです。でもまだまだ若いんでしょうね。前回の風俗嬢は体だけを見れば基本的には細いとまでは言いませんけど、普通の体型だと思うんです。きっと彼女を見て太っているって思う人はいないと思うんですけど、まだまだ若いからなのか、太ももとかムチムチなんですよ。それが素晴らしいなと思ったんです。あれだけ素晴らしいボディを持っているんです。興奮しない訳がないじゃないですか(笑)そこから結局はいろんな形で楽しませてもらいましたよ。やっぱり体も大切ですね。性格も大切だと思いますけど、向き合った時に一番に飛び込んでくる風俗嬢の情報はまずは体じゃないですか。どんなボディなのかが浮かんでくると思うんです。体だけであそこまで興奮させられたので、プレイの前の段階でこちらの気持ちはそれなりに出来上がっていましたね。呆気なくとは言いませんけど、簡単に発射まで導いてもらったのは彼女のあの雰囲気によるものでしょう。

自分の存在を実感出来るのが風俗

日常生活の中、自分の存在意義を感じるようなことってそうそうないと思うんですよね。むしろ毎日のように、自分じゃなくても大丈夫だろうっていう気持ちにさせられると思うんですよ(苦笑)それこそ「代わりはいくらでもいるんだぞ」みたいな圧力の方が強いと思うんですよね(苦笑)だからこそ、風俗がいいんです。風俗で女の子と楽しんでいると、お世辞ではあっても「指名してくれてありがとう」とか「また来てね」とか言ってくれるじゃないですか。お世辞だって分かっていても、果たしてその言葉を言ってもらえる時なんてあるのかなって思うじゃないですか。そう考えると、風俗ってただ快感を得られるってだけの話ではなくて、自分自身の存在感と言うか、アイデンティティまで満たすことが出来るものなんじゃないかなって思うんですよね。快感だけだったら、さすがにここまで風俗が幅広い層から人気を獲得するには至っていないんじゃないかなって思いますしね。

[ 2017-07-09 ]

カテゴリ: 風俗体験談