>  > 頻度は少ないものの…燃えます

頻度は少ないものの…燃えます

正直、他の風俗マニアと比べれば風俗を利用する頻度は少ないでしょうね。一ヵ月に一度あるかないか。忙しかったりするとそれだけでどうしても時間が経ってしまいますので、結果的にどうしても頻度という点では少ないと言わざるを得ないんですけど、でも決して熱意だけは負けていないかなって思っています。むしろ毎回燃えるようなプレイをしているので満足感に関しては相当なものがあるんじゃないかなって自負があるんですよ(笑)なにせ自分にとってはとても貴重な場所であり、時間なんです。消化不良で終わってしまったら勿体ないじゃないですか。そうならないよう、自分自身全力で楽しむよう心掛けているんです。それを心掛けるだけでも結構違うものなんですよ。だから風俗では常に満足感は高いです。でも、満足感のためにはやっぱり事前にいろんなことを調べた方が良いよなとは思っています。自分が燃えられるような相手を探すこともまた、大切なテーマですしね。

冗談の上手な子、いいですよね

最近になってから、ようやく自分にはどんな風俗嬢が合っているのかが分かるようになってきたんです。それは冗談の上手な風俗嬢なんです。それまではそんなに意識したことがなかったんです。会話よりもプレイが重要なのが風俗だって思っていたので、冗談を言われても社交辞令なんだろうなくらいにしか思っていなかったんです。でも、社交辞令ではあってもその冗談をどのように切り返すのかもまた、こちら側の楽しみ方の一つでもあるんじゃないかなって思うようになってきたんですよね。むしろそこでどう切り返すのかによって、楽しさそのものが変わってくるんじゃないかなって思うようになったんですよ。それに、冗談の上手な子って、別に冗談そのものが好きなのではなくて、単純にこちらのことを考えたうえで冗談を言ってくれているからこそでもありますよね。つまりは配慮が上手な風俗嬢ってことだと思うので、むしろとても楽しいのかなっておもえるようになってきたんです。

[ 2017-06-14 ]

カテゴリ: 風俗体験談